• HOME
  • 技術・品質

会社案内

技術・品質

独自技術による安全をテーマとした製品づくり

独創的な技術が生命線です。

開発型企業として、独創的な技術を重視する姿勢を貫いています。1956年に「フラッシャー回路」で初の特許出願をおこなって以来、毎月のように特許や実用新案を出願。これら国内外の知財出願件数はすでに累計1,000件を超えました。もちろん、自社の特許技術をはじめとする知的財産を守る知財戦略を強化し、発明者や協力者に報いる特許制度も整備しています。また、特許庁の知財功労賞(経済産業大臣表彰)を受賞しているほか、官公庁や各種団体からも独創型企業としての評価を受けています。

UBUKATAブランドの品質を維持。

「自社ブランドのつかない製品は、一歩たりとも社外に出さない」という姿勢を胸に刻み、自社ブランドにふさわしい品質を維持するためのあらゆる取り組みをおこなっています。設計から生産、検査に至るすべてのプロセスで品質管理を徹底する一方、自動封入装置やフォーミングマシン、自動検査装置などを自社開発。さらにクラス10,000レベルのクリーンルームの設置、毎月開催される品質改善会議では課題を共有し問題解決に取り組んでいます。

このページの先頭へ戻る